ライトをLEDにして明るく省電力に

LEDライトで明るく色鮮やかに

LEDといえば,
明るい
長寿命、
低消費電力
で、近年、従来の光源の代わりに使用されることが
多くなってきています。

 

室内の照明、懐中電灯、信号機などに
使われています。

 

そして、自動車の各種ライトにも使用されています。
自動車には、ヘッドライト、スモールランプ、方向指示器、
テールランプ、ブレーキランプ、室内灯などの光源があります。

 

これらの光源は意外と消費電力が大きく、車載バッテリーに
かかる負荷も大きいです。

 

これをLEDに変更することで、そういったバッテリーにかかる負荷を
軽減させることができます。

 

また、明るさも全く問題なく十分な明るさを発揮してくれます。
カラーも多種多様ありますので一風変わったライティングを
演出することもできます。

 

このように光源をLEDにすることによるメリットは大きいので、
今後は標準的に搭載される自動車が更に増えてくることと思われます。

 

取り付けは自分でできますが、あまり自信が無いようであれば専門の業者に依頼す ることもできます。